pretty girl

お肌がひりひりしたら

笑顔の女性

皮膚の表面が荒れることで肌が乾燥し、外部からの刺激を受けやすくなります。これが敏感肌で、化粧水をつけるとひりひりしたりします。過剰なスキンケアを避け、肌の保湿をしてくれる刺激の少ない化粧水を選べば肌の正常化につながります。

Read More...

肌質を改善するスキンケア

敏感になる原因

girl

化粧品に含まれる成分でかゆくなったり赤くなったりする人は、敏感肌の可能性があります。肌質には普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌。インナードライ肌などがありますが、もっともケアが大変なのが敏感肌です。先天的に敏感肌の人もいますが、ほとんどの人が後天的な理由で敏感肌になります。最も多い原因が、「スキンケアのしすぎ」「美容成分の与えすぎ」です。一日に何度も洗顔をしたり、マッサージやコロコロをしたりすると、それだけ肌に摩擦がかかることになります。摩擦は乾燥の原因になり、乾燥が悪化すると敏感肌になります。また、必要以上に化粧水をつけて美容成分を与えすぎると、肌が甘やかされてしまい、本来持つ皮脂分泌機能が衰えていきます。

無添加でシンプルな成分

敏感肌の人には、合成界面活性剤不使用のオーガニック系の化粧水が人気です。肌に負担がかかる成分をカットし、厳選した植物由来の天然エキスだけで出来ているのが、オーガニック系化粧水の特徴です。肌へのダメージがほとんどないので、敏感肌で悩んでいる人でも安心して使えます。また、敏感肌でなくても、合成界面活性剤に抵抗がある人や自然派志向な人にも、オーガニック系の化粧水が支持されています。基本的にどのオーガニック化粧水も刺激がないシンプルな成分だけで出来ていて、しっかり保湿もできます。洗顔をしたあとの肌に塗れば、内側から水分が蓄えられて肌にハリがます。シンプルケアをすることは、敏感肌の改善にも繋がっていきます。

刺激が少ないものを買う

笑顔の女性

敏感肌の人は、専用の化粧品でケアをする必要があります。専用のものは余計なものが入っていないので、どのような人でも使用できます。健康的な肌の人も、普段から敏感肌用の化粧水を使用していると、肌の調子が悪いときでも使用できます。また、機能も良いので、肌のケアに手間もかからず、多くの人に重宝されています。

Read More...

臭いの対策

girl

敏感肌の人は自分の肌に合っていない化粧水などを使用すると、すぐに肌のトラブルが発生してしまいます。化粧品を購入する際は成分をチェックすることで肌のトラブルを避けることが出来ます。敏感肌には後天的なものと先天的なものの二つのタイプがあります。

Read More...