臭いの対策

girl

敏感肌の人は普通の人が全く問題にならないような刺激であっても違和感を抱いてしまったり、肌が赤くなったりピリピリしてしまったりします。お肌の保湿には化粧水は欠かせないのですが、化粧水を利用する際にも敏感肌の人は化粧水の成分を良くチェックしておくことが大切です。そうすることによって化粧水を使用した際のお肌のトラブルを避けることが出来ます。まず、化粧品に良く含まれている香料ですが、もちろん化粧水にも含まれている場合があります。この香料が実は敏感肌の人にとっては刺激アレルギー反応を起こしてしまう事があります。また、化粧品には開封した後に最近の繁殖や劣化を防ぐため、必ず保存料や防腐剤が含まれていますが、そういった成分でもアレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。

一般的に肌が普通の人よりも刺激物に弱く、ちょっとしたことで赤みが出たり、ヒロヒリしたり痒くなってしまう人たちの事を敏感肌と呼んでいますが、敏感肌はみんな同じではなく、大きく分けると2種類のタイプがあります。一つが後天的になる敏感肌です。これはタイ照りの場合が自分の肌に合っていない間違った化粧品でスキンケアをし続けていることによって起こります。例えば、洗顔料を使って皮膚の汚れを落とすことは大切ですが、あまりに強い洗浄力の洗顔料を使用すると、肌のバリア機能までが敵化してしまい、肌が刺激に弱くなってしまいます。もう一つはアレルギーやアトピーなどの先天的な敏感肌ですが、こちらの場合は皮膚科に行き、医師の適切な処方を受けるようにしましょう。